クロード ブラッスール(英語表記)Claude Brasseur

20世紀西洋人名事典の解説

クロード ブラッスール
Claude Brasseur


1938.6.15 -
フランスの俳優。
パリ郊外ヌーイ生まれ。
父ピエール・ブラッスール、母オデット・ジョワイユー共に俳優の家庭に育ち、レイモン・ジラール、ルネ・シモンのもとで演技を学ぶ。1956年「遥かなる国から来た男」で映画デビュー。「何がなんでも首ったけ」、「激しい夜」(共に’61年)に主演。脇役向きで「ラ・ブーム」(’80年)、「ラ・ブーム・2」(’82年)にパパ役で好演。’70年ミシェル・カルボンと結婚。他に’65年「皆殺しバラード」、’74年「愛人関係」などに出演。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android