クローナー(英語表記)Kroner, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クローナー
Kroner, Richard

[生]1884.3.8. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1974.11.2. マンメルン
ドイツの宗教哲学者。ドレスデン (1924) ,キール (29) ,フランクフルトアムマイン (34) 各大学教授を歴任。西南ドイツ学派の新カント主義の立場から,新ヘーゲル主義へと進んだ。国際ヘーゲル協会を設立し,その会長をつとめた (30~35) 。第2次世界大戦中,イギリスに渡リ,オックスフォード大学で講義し,セントアンドルーズ大学のギフォード講演に招かれたりしたが,この頃から哲学の限界を認め,信仰と理性,宗教と文化の新しい位置づけに努めるようになった。 1941年アメリカに渡り,ユニオン神学校教授 (48) ,およびテンプル大学教授となる。主著"Von Kant bis Hegel" (2巻,21~24) ,三部作である"Speculation in Pre-Christian Philosophy""Speculation and Revelation in the Age of Christian Philosophy""Speculation and Revelation in Modern Philosophy" (61) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クローナーの関連情報