コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローナー Kroner, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クローナー
Kroner, Richard

[生]1884.3.8. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1974.11.2. マンメルン
ドイツの宗教哲学者。ドレスデン (1924) ,キール (29) ,フランクフルトアムマイン (34) 各大学教授を歴任。西南ドイツ学派の新カント主義の立場から,新ヘーゲル主義へと進んだ。国際ヘーゲル協会を設立し,その会長をつとめた (30~35) 。第2次世界大戦中,イギリスに渡リ,オックスフォード大学で講義し,セントアンドルーズ大学のギフォード講演に招かれたりしたが,この頃から哲学の限界を認め,信仰と理性,宗教と文化の新しい位置づけに努めるようになった。 1941年アメリカに渡り,ユニオン神学校教授 (48) ,およびテンプル大学教授となる。主著"Von Kant bis Hegel" (2巻,21~24) ,三部作である"Speculation in Pre-Christian Philosophy""Speculation and Revelation in the Age of Christian Philosophy""Speculation and Revelation in Modern Philosophy" (61) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クローナーの関連キーワード新ヘーゲル学派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クローナーの関連情報