コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンツ Kunz, Josef L.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンツ
Kunz, Josef L.

[生]1890.4.1. ウィーン
[没]1970.8.
スイスの法学者。 H.ケルゼン,A.フェアドロスなどとともに純粋法学を展開し,国際法優位の一元論国際法団体加入の承認論で知られている。 1932年ナチスの迫害を避けて,アメリカに渡り,1934年以来トレイド大学教授として,国際法とラテンアメリカ研究に貢献した。主著"Die Staatenverbindungen" (1929) ,"The changing Law of Nations: Essays on International Law" (1968) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クンツの関連キーワードシルヴェスター リーヴァイクンツェウィチョーワダークマーキュリー鉄棒(体操競技)クンツァイト10月30日星から降る金石田佳名子リチア輝石5月20日合同行為横沢健司ケルゼンクンツ石文成公主

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クンツの関連情報