クンツ(英語表記)Kunz, Josef L.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンツ
Kunz, Josef L.

[生]1890.4.1. ウィーン
[没]1970.8.
スイスの法学者。 H.ケルゼン,A.フェアドロスなどとともに純粋法学を展開し,国際法優位の一元論国際法団体加入の承認論で知られている。 1932年ナチスの迫害を避けて,アメリカに渡り,1934年以来トレイド大学教授として,国際法とラテンアメリカ研究に貢献した。主著"Die Staatenverbindungen" (1929) ,"The changing Law of Nations: Essays on International Law" (1968) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android