クンツ(英語表記)Kunz, Josef L.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンツ
Kunz, Josef L.

[生]1890.4.1. ウィーン
[没]1970.8.
スイスの法学者。 H.ケルゼン,A.フェアドロスなどとともに純粋法学を展開し,国際法優位の一元論国際法団体加入の承認論で知られている。 1932年ナチスの迫害を避けて,アメリカに渡り,1934年以来トレイド大学教授として,国際法とラテンアメリカ研究に貢献した。主著"Die Staatenverbindungen" (1929) ,"The changing Law of Nations: Essays on International Law" (1968) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android