コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンディマン kundiman

1件 の用語解説(クンディマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クンディマン【kundiman】

フィリピン,ルソン島中央部に住むタガログ族の愛の歌。古くは,求愛に際して男が女に捧げた。通常,クンヒンディマンkung hindi man(私はしがない者だが)で歌詞が始まることから,クンディマン呼ばれるようになったという。3/4拍子,短調で,哀感を漂わせた感傷的な旋律を特徴とする。1880年から1930年頃にかけての半世紀ほどの間に隆盛を極め,特にフィリピン革命時には《バリワッグのホセリーナ》というクンディマンを兵士達が好んで歌ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クンディマンの関連キーワードセブ島タガログ語タガログ族フィリピン海フクバラハップルソン島バロンタガログ比律賓フィリピン諸島フィリピン鷲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone