コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンビ・サレー Kumbi Saleh

世界大百科事典 第2版の解説

クンビ・サレー【Kumbi Saleh】

西アフリカのサハラ南縁に,8~11世紀に栄えたガーナ王国の都と推定される都市遺跡。現在のモーリタニア南東部の半砂漠性の地方にある。ガーナ王国の都のあとを,断片的な資料をたよりに探りあてようとする作業が,20世紀になって,主としてフランス人の手で進められ,1914年のフランス人ド・メジエールの発掘以来,たびたび考古学的調査が行われてきた。主要部分は,丘の上の約1km四方の,石造建造物の多い都市遺跡で,その周囲にも,おそらく煉り土の住居集落があったらしく,土器片などが多数発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android