コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンビ・サレー Kumbi Saleh

1件 の用語解説(クンビ・サレーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クンビ・サレー【Kumbi Saleh】

西アフリカのサハラ南縁に,8~11世紀に栄えたガーナ王国の都と推定される都市遺跡。現在のモーリタニア南東部の半砂漠性の地方にある。ガーナ王国の都のあとを,断片的な資料をたよりに探りあてようとする作業が,20世紀になって,主としてフランス人の手で進められ,1914年のフランス人ド・メジエールの発掘以来,たびたび考古学的調査が行われてきた。主要部分は,丘の上の約1km四方の,石造建造物の多い都市遺跡で,その周囲にも,おそらく煉り土の住居集落があったらしく,土器片などが多数発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クンビ・サレーの関連キーワードサハラ砂漠アフリカ舞舞ブラックアフリカホワイトアフリカ南アフリカサブアフリカサブサハラアフリカサヘル地帯汎アフリカ主義アフリカのHIV

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone