クンルン(崑崙)山脈(読み)クンルンさんみゃく(英語表記)Kunlun shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンルン(崑崙)山脈
クンルンさんみゃく
Kunlun shanmai

中国西部にある東西方向の大山系。チベット (西蔵) 高原の北部をなす多数の平行山脈から成る。西はパミール高原,東はスーチョワン (四川) 盆地に達し,長さは 2500kmで,およそ 50万 km2の範囲にわたる。最高峰は中央部のムズタグ (木孜塔格) 山 (7723m) で,ほかに西部のクングール (公格爾) 山 (7719m) ,ムズタグアタ (慕士塔格) 山 (7546m) などの高峰がある。東にいくにつれて高度を減じるが,平均標高は 5500~6000mに達し,ほぼ全域に氷河と万年雪がみられる。北方のタリム (塔里木) 盆地,ホーシー (河西) 回廊からは比高 3000~5000mでそそり立ち,山麓にシルクロードのオアシス地帯を涵養。チベット高原上では比高が小さく,傾斜はゆるやかである。東部では4列の山脈に分れる。北端はアルトゥン (阿爾金) 山脈-チーリエン (祁連) 山脈,第2列はチマンタグ (祁曼塔格) 山脈-ブルハンブッダ (布爾汗布達) 山脈-アムニェマチェン (阿尼瑪卿) 山脈,第3列はアルグ (阿爾格) 山脈-バインハル (巴顔喀拉) 山脈,第4列はフフシル (可可西里) 山脈。第2列が主脈で,チャン (長) 江とホワン (黄) 河の分水界をなす。山脈の間にはツァイダム (柴達木) 盆地,チンハイ (青海) 湖,ゴレン (鄂陵) 湖,キャレン (札陵) 湖などの盆地や湖,広い谷が開ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android