コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーゼンベルク Kusenberg, Kurt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーゼンベルク
Kusenberg, Kurt

[生]1904.6.24. ゲーテボルク
[没]1983.10.3. ハンブルク
ドイツの小説家,随筆家。 1943年まで新聞記者生活をおくる。幻想的怪奇的な短編やエッセーにすぐれる。怪奇小説集『ラ・ボテッラ』 La Botella (1940) ,『ひまわり』 Die Sonnenblumen (51) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーゼンベルク
くーぜんべるく
Kurt Kusenberg
(1904―1983)

ドイツの美術評論家、小説家。スウェーデンのイェーテボリに生まれ、ポルトガルのリスボンで幼年を過ごしたのち、ドイツのミュンヘン、ベルリン、フライブルクの各大学で美術史を専攻した。社会に出てからは『フォス』紙学芸欄記者として活躍。のちフリーの文筆家に転じ、物語、放送劇、映画のシナリオ、エッセイ、翻訳を手がける。ドイツ・ロマン派の伝統を受け継ぎ、グロテスクなユーモアが持ち味の短編作家として知られる。『ラ・ボテッラ、その他の奇怪な物語』(1940)、『蒼(あお)い夢』(1942)、『ひまわり』(1951)などの短編集に、ホフマン風の怪奇幻想物語の名品が収められている。『ラ・ボテッラ』はシュルレアリスム的筆致で、途方もない夢幻的世界を展開し、その姿勢はナチ時代の日常的現実に、意識的に距離を置いたものと評価されてもいる。編集者としては、ローウォールト書店のモノグラフィー・シリーズを創設した。1983年10月、ハンブルクで死去した。[平井 正]
『種村季弘編、前川道介ほか訳『現代ドイツ幻想小説』(1970・白水社) ▽前川道介訳『蒼い夢』(1990・郁文堂) ▽前川道介ほか訳『壜の中の世界』(1991・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クーゼンベルクの関連キーワード6月24日

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android