コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーブ・ド・ミュルビル Couve de Murville, Maurice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーブ・ド・ミュルビル
Couve de Murville, Maurice

[生]1907.1.24. フランス,マルヌ,ランス
[没]1999.12.24. フランス,パリ
フランスの外交官,政治家。パリ大学卒業。大蔵省に入り,1940年第2次世界大戦でのフランス降伏後ドイツ,ウィースバーデンの独仏委員会委員。 43年連合軍の北アフリカ上陸後アルジェに行き,43~44年国民解放委員会財政委員長。 45年フランス臨時政府イタリア駐在大使。 46~50年外務省政治局長。 50~54年エジプト駐在大使,55~56年アメリカ駐在大使,56~58年西ドイツ駐在大使。 58~68年外相。 68年蔵相。同年7月~69年6月首相。外交面ではドゴール主義を貫き,69年の下院補欠選挙で落選。 73年総選挙で下院議員に返り咲き,下院外交委員長。 86~95年上院議員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーブ・ド・ミュルビル
くーぶどみゅるびる
Maurice Couve de Murville
(1907―1999)

フランスの政治家。ランスに生まれる。第二次世界大戦までは財務省の官吏を務めたが、大戦中ドゴール派の抵抗運動に参加した。大戦後は外交畑に転じて、エジプト、アメリカ、旧西ドイツでフランス大使を務めた。ドゴール大統領の下で1958年から1968年まで10年間外相を務め、1968~1969年には首相をも務めた。その間終始一貫してドゴール外交の対米自主路線の忠実な遂行者であった。[平瀬徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クーブ・ド・ミュルビルの関連キーワード五月革命

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android