クーン(読み)くーん(英語表記)Jan Pieterszoon Coen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーン(Jan Pieterszoon Coen)
くーん
Jan Pieterszoon Coen
(1586―1629)

オランダ東インド会社の第4代および6代東インド(インドネシア)総督。オランダのホールンに生まれる。青年時代ローマのオランダ人商人のもとで働き、1607年初めてインドネシアのバンダ諸島に赴き、1612年ふたたびジャワに赴き、バンタムの商館で勤務した。1618年東インド総督に任命された。彼はインドネシアの各地にオランダ人の植民地をつくることを主張し、1619年にはバタビア(ジャカルタ)を根拠地として建設した。彼はイギリス東インド会社と激しく争い、これが原因となって本社と対立し、1623年には辞職して帰国した。しかし1627年ふたたび総督に任命されてジャワに渡った。1629年バタビアがマタラム王国の包囲を受けた際、防御の指揮をとっていたが、9月20日コレラのために死亡した。[生田 滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クーンの関連情報