グアダルペイダルゴ条約(読み)グアダルペイダルゴじょうやく(英語表記)Treaty of Guadalupe Hidalgo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアダルペイダルゴ条約
グアダルペイダルゴじょうやく
Treaty of Guadalupe Hidalgo

1848年2月2日,メキシコのグアダルペイダルゴで調印され,アメリカ=メキシコ戦争を終結させた条約。アメリカ国務省駐在官 N.トリストが,「ウィルモット修正条項」など対メキシコ戦争反対の機運に押された J.ポーク大統領の指令で結んだもので,現在のカリフォルニア,ネバダ,ユタ,アリゾナの諸州の全部と,ニューメキシコ,コロラド,ワイオミング諸州の一部をアメリカ領として 1500万ドルで買収した。これによってアメリカは現合衆国本土のほとんどを領有することになり,「マニフェスト・デスティニー (明白な運命) 」を実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android