コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアテマラ内戦

1件 の用語解説(グアテマラ内戦の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グアテマラ内戦

1960年以降、軍事政権が左翼ゲリラ勢力駆逐を名目に、人口約1200万人の過半数を占めるマヤ系先住民族の村を狙った「焦土作戦」を展開した。96年に政府と左翼ゲリラが和平協定に調印。36年間の紛争で国連の推計では全土で626の村が破壊され、死者・行方不明者は20万人以上。その8割以上が先住民族だったとされる。

(2006-04-01 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアテマラ内戦の関連キーワードニカラグア内戦軍事政権ゲリラコントラコロンビアのゲリラコロンビアの治安コロンビア革命軍(FARC)ペルーの左翼ゲリラミャンマーの少数民族と武装勢力コロンビアの麻薬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グアテマラ内戦の関連情報