コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアナレ Guanare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアナレ
Guanare

ベネズエラ北西部,ポルトゥゲサ州の州都。首都カラカスの南西約 350km,メリダ山脈南東麓にあり,リャノスと呼ばれる広大な熱帯草原の北西縁部に位置する。 1593年建設。周辺の農牧地帯の商工業中心地で,ウシ,綿花,コーヒー,カカオ,サトウキビ,トウモロコシなどを集散する。近くに鉄鉱床がある。市内にはベネズエラの守護聖人,コロモトの聖母をまつる聖堂があり,全国から多数の巡礼者が集る。道路が四通するほか,南のグアナレ川沿岸に河港ゲリランディアがあり,アプレ川を経てオリノコ川下流のシウダードボリバルとも連絡できる。人口8万 3380 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グアナレの関連キーワードアカリグア

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android