コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グエン・タイ・ホク Nguyen Thai Hoc

世界大百科事典 第2版の解説

グエン・タイ・ホク【Nguyen Thai Hoc】

1902‐30
ベトナム国民党の領袖で,イェンバイ蜂起の指導者。北部ベトナム,ビンイェン省に生まれ,ハノイ南同書舎(1925年ファム・トゥアン・タイら設立の孫文主義を中心とする私塾)に学んで,民族運動に覚醒する。当時のフランス領インドシナ総督バレンヌにベトナム人労働者の労働条件の改善,教育制度の拡充,広報雑誌発行を建議して入れられず,このため実力による独立路線を決意,1927年ベトナム国民党を設立し,自ら党首となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グエン・タイ・ホクの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアコワニエサムスシャウプ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android