コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グジランワーラ Gujrānwāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グジランワーラ
Gujrānwāla

パキスタン北東部,パンジャブ州,ラホール県の都市。パンジャブ州都ラホールの北方約 60kmに位置する。シク人が多く住み,マハン・シン朝時代には都として繁栄した。現在では国鉄ラホール-ペシャワル線の主要駅。パンジャブ縦貫国道に面して,商工業の中心地となっている。特に鉄鋼,軽合金,真鍮などの金属工業が発達し,パキスタンの重要な工業地帯を形成。独立以来さらに新しい工業が発展し,繊維,陶器,電機工場なども設立された。パンジャブ大学のカレッジがある。人口 60万 993 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報