グスタフ・クリムト(読み)ぐすたふ・くりむと(英語表記)Gustav Klimt

知恵蔵miniの解説

グスタフ・クリムト

オーストリアの画家。1862年7月14日ウィーン郊外のバウムガルテンで生まれた。76年、14歳の時にウィーン美術工芸学校に入学した。その後、弟のエルンストや友人とデザインの仕事をはじめ、83年に彼らと共同でウィーン芸術家商会を設立した。劇場装飾をはじめとする仕事は好評を博し、多くの装飾を手がけた。中でも86年から手がけたブルク劇場の装飾は評価され、金功労十字賞を授与された。94年、ウィーン大学大講堂天井画の制作を要請され、「哲学」「医学」「法学」の3部構成からなる天井画を担当。だが、性的描写などが論争を引き起こし、のちに契約を破棄、報酬を返却する事態へと発展した。97年には芸術革新を掲げる芸術家グループであるウィーン分離派の初代会長に就任したのち、オーストリア芸術家連盟を結成した。07年、代表作「接吻」を発表。18年、55歳で死去した。

(2019-4-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グスタフ・クリムトの関連情報