コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グスタブ[5世] Gustav V

世界大百科事典 第2版の解説

グスタブ[5世]【Gustav V】

1855‐1950
スウェーデン王。在位1907‐50年。治世下に議会民主主義が完成したが,〈王権は政党に優先する〉と述べて議会と対立し,第1次大戦前に防衛問題で内閣と対決して総辞職に追いこみ,20年には失業問題解決のため同国初の社会民主労働党単独政権を誕生させるなど,強く政治に関与した。外交では14年に北欧三国の協調を訴えて三国王会議を主催した。その反面,国民と広く接し人気を博した。【清原 瑞彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グスタブ[5世]の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ロック(ポピュラー音楽)アフリカン・アメリカン音楽マキノ雅広電気機械器具工業成瀬巳喜男黒澤明大庭秀雄

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android