コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グネージチ グネージチ Gnedich, Nikolai Ivanovich

2件 の用語解説(グネージチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グネージチ
グネージチ
Gnedich, Nikolai Ivanovich

[生]1784.2.13. ポルタバ
[没]1833.2.15. ペテルブルグ
ロシアの詩人,翻訳家。中流貴族の家庭に生れ,ポルタバの神学校モスクワ大学で教育を受けた。自由愛をうたった『寄宿舎』 Obshchezhitie (1804) ,反農奴制の詩『スペイン人に向うペルー人』 Peruanets k ispantsu (05) ,すぐれた田園詩『漁師たち』 Rybaki (22) など多くの詩を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グネージチ
ぐねーじち
Николай Иванович Гнедич Nikolay Ivanovich Gnedich
(1784―1833)

ロシアの詩人、翻訳家。中流貴族の出身。保守的な古典主義グループロシア語愛好者談話会」の陣営にたち、文語改革に反対した。田園詩『漁師たち』(1823)のほか、若干の繊細な詩を書いた。20年以上の歳月を費やした『イリアス』のロシア語訳(1829)は自作の詩以上に有名で、六歩格を用い壮麗な教会スラブ語法をちりばめた名訳。[栗原成郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グネージチの関連キーワードブルタバ川ポルタバポルタレグレカメラルポルタージュカルタ箱Полтаваポルタんポルターガイスト2横浜駅東口地下街 ポルタポルタワの戦

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone