コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスラン グラスラン Graslin, Jean Joseph Louis

2件 の用語解説(グラスランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラスラン
グラスラン
Graslin, Jean Joseph Louis

[生]1727. ツール
[没]1790. ナント
フランスの経済学者。重農主義の批判者として知られる。弁護士サンカンタンの収税官を経て,1758年からナントの徴税請負区収税官として市の発展に貢献した。彼の学説は効用価値説の立場に立ったもので,重農主義の「純生産」の理論に反対し,生産費に等しい価値しかもたない生産物も富であり,工業も生産的であるとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラスラン
ぐらすらん
Jean Joseph Louis Graslin
(1727―1790)

フランスの経済学者。重農主義の批判者として知られる。トゥールに生まれ、サン・カンタン、ついでナントの徴税請負区で収税官を務めた。1766年リモージュ王立農業協会の論文募集に応募するために執筆し、選外佳作となった『富と租税に関する分析試論』(1767)が彼の主著である。彼は主観価値論の立場から、重農主義理論が富を農業が生み出す純生産物」に限定することは誤りであるとし、農業のみでなく工業の生産物も効用をもつ限りで富であると考えた。この考えにたって彼は重農主義の租税論、つまり土地単一税を批判し、すべての生産物に対する消費税が望ましいと主張した。[藤田勝次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラスランの関連キーワードツールボックスペンツールツールーズバルビツール酸グランツール検索ツールバーツーピースボールツールグラインダーツールホルダー開発支援ツールの日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラスランの関連情報