コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラナドス:詩的なワルツ集(序奏と7曲)/piano solo Valses poeticos

1件 の用語解説(グラナドス:詩的なワルツ集(序奏と7曲)/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

グラナドス:詩的なワルツ集(序奏と7曲)/piano solo

1887年に作曲、1892年に初演。1910年に出版された。ホアキン・マラッツに献呈。
序奏と7つの即興的なワルツからなる。いずれも、1~2分程度の短い小品。作風は、シューマンからの影響が感じられるも ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラナドス:詩的なワルツ集(序奏と7曲)/piano soloの関連キーワードオテロ新世界よりドリーブリゴレットドビュッシー:仮面(マスク)/piano soloバラキレフ:東洋風幻想曲「イスラメイ」(第1稿)/piano soloバルトーク:狂詩曲/piano soloラフマニノフ:組曲 第2番/2 pianos 4 handsラフマニノフ:幻想的小品集/piano soloモンポウ:前奏曲 第10番/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone