コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラフィックスドライバー ぐらふぃっくすどらいばー

1件 の用語解説(グラフィックスドライバーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グラフィックスドライバー

現在のパソコンのほとんどは、表示機能に専用のグラフィックスアクセラレーター(描画処理を高速化する専用チップや4~8MBのビデオメモリーなどからなる)を使用する。現在、十数種類のアクセラレーターがあり、それぞれ専用に設計された「グラフィックスドライバー」というソフトウェアウィンドウズに組み込んで利用する。なかでもゲームなど高速の描画速度を追求したアプリケーションは、ウィンドウズ98などで追加されたグラフィックス機能やアクセラレーターがもつ最新機能を利用するものが多く、最新バージョンのグラフィックスドライバーを組み込まないと不具合がでるケース少なくない

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラフィックスドライバーの関連情報