グラフィックスドライバー(読み)ぐらふぃっくすどらいばー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グラフィックスドライバー

現在のパソコンのほとんどは、表示機能に専用のグラフィックスアクセラレーター(描画処理を高速化する専用チップや4~8MBのビデオメモリーなどからなる)を使用する。現在、十数種類のアクセラレーターがあり、それぞれ専用に設計された「グラフィックスドライバー」というソフトウェアをウィンドウズに組み込んで利用する。なかでもゲームなど高速の描画速度を追求したアプリケーションは、ウィンドウズ98などで追加されたグラフィックス機能やアクセラレーターがもつ最新機能を利用するものが多く、最新バージョンのグラフィックスドライバーを組み込まないと不具合がでるケースが少なくない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android