コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラブス Grubbs, Robert H.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラブス
Grubbs, Robert H.

[生]1942.2.27. ケンタッキー,カルバートシティー
アメリカ合衆国の有機化学者。1963年フロリダ大学を卒業,1968年コロンビア大学で化学の博士号を取得。スタンフォード大学,ミシガン州立大学を経て 1978年にカリフォルニア工科大学教授。おもに有機金属の触媒反応を研究し,1992年にルテニウムを含み水や酸素に対して比較的安定した触媒を開発,その後オレフィンメタセシス反応の触媒として知られるグラブス触媒やリビング重合(→リビングポリマー)を開発した。これらの開発により,複雑な構造をもつ有機化合物,特に抗生物質など医薬品の開発や新しい高分子ポリマーの合成などに道が開け,2005年イブ・ショバン,リチャード・R.シュロックとともにノーベル化学賞を受賞した。1989年アメリカ科学アカデミー会員,1994年アメリカ芸術科学アカデミー会員。2000年ベンジャミン・フランクリン・メダル受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グラブスの関連キーワードシモン アマン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android