コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラム陰性桿(かん)菌

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グラム陰性桿(かん)菌

自然環境に存在する常在菌グラム染色という方法で、ピンク色に染まるのを陰性菌、青く染まるのを陽性菌といい、細長い形を「桿菌」という。緑膿(りょくのう)菌やセラチア菌などは、このタイプに入る。強力な毒素を発生するため、血液に入ると、健康な人でも高熱や命にかかわる低血圧を起こす。その結果、腎臓や肝臓の機能が弱り、多臓器不全を起こして亡くなることもある。

(2008-06-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

グラム陰性桿(かん)菌の関連キーワード老化にともなう呼吸器の病気と症状マクロライド系抗生物質おもな感染症と病原体カンピロバクターホモスルファミンアミノ糖抗生物質バクテロイデスカルベニシリン急性腎盂腎炎慢性腎盂腎炎腸炎ビブリオパラチフス菌在郷軍人病緑膿菌肺炎プレボテラ急性腹膜炎肺感染症院内肺炎ビブリオ抗生物質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android