コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラム陰性桿(かん)菌

1件 の用語解説(グラム陰性桿(かん)菌の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グラム陰性桿(かん)菌

自然環境に存在する常在菌。グラム染色という方法で、ピンク色に染まるのを陰性菌、青く染まるのを陽性菌といい、細長い形を「桿菌」という。緑膿(りょくのう)菌やセラチア菌などは、このタイプに入る。強力な毒素を発生するため、血液に入ると、健康な人でも高熱や命にかかわる低血圧を起こす。その結果、腎臓や肝臓の機能が弱り、多臓器不全を起こして亡くなることもある。

(2008-06-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラム陰性桿(かん)菌の関連キーワードグラム自然環境保全地域自然環境保全法セラチア菌グラム陰性菌グラム陽性菌自然物実在常在グラム染色法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone