グランド・キャニオン(読み)ぐらんどきゃにおん(英語表記)Grand Canyon

翻訳|Grand Canyon

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランド・キャニオン(アメリカ合衆国)
ぐらんどきゃにおん
Grand Canyon

アメリカ合衆国、アリゾナ州北部にあるコロラド川の大峡谷。コロラド高原の西部にあり、リトル・コロラド川との合流点付近からミード湖に至る約350キロメートルの区間にある。規模雄大で、幅6~30キロメートル、深さ1600メートルに達する。谷壁は階段状になっており、植生がなく、先カンブリア時代からペルム紀(二畳紀)の地層までの岩相が観察できるため、地質学的にきわめて重要な場所である。最下部の先カンブリア系(下部がアーキアン、上部がアルゴンキアン)を不整合にカンブリア系が覆い、オルドビス系とシルル系を欠いて平行不整合にミシシッピ系とペンシルベニア系がのり、最上部を二畳系のカイバブ石灰岩が覆い、台地の表面を形づくっている。さらに中生代の地層がのっていたが、過去の侵食により消滅したと考えられる。かつてユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて南北に細長い隆起帯が生じ、コロラド川はその東側の内陸水系と西側のフアラパイ水系とに分かれていたが、後者がこの隆起帯をしだいに侵食しながらグランド・キャニオンを形成し、ついに内陸水系を奪ったのである。
 峡谷の北側をカイバブ高原、その縁をノース・リム、南側をココニノ高原、その縁をサウス・リムとよぶ。中心部は1919年にグランド・キャニオン国立公園として指定され、多くの観光客が訪れている。サウス・リムは一年中入園できるが、ノース・リムは夏季だけ開園される。峡谷を横切るには、徒歩やロバに乗って通る小道しかなく、対岸へ自動車で行くには最短で350キロメートルもの迂回をする必要がある。縁から望む谷壁の景観は雄大で、とくに朝日と夕日を浴びたときの光景はすばらしい。やや下流側には1932年に指定されたグランド・キャニオン国定記念物公園がある。ここには峡谷の縁に約100万年前の新しい火山がのっており、溶岩が谷壁を流下した跡がある。峡谷は1540年にヨーロッパ人として初めてスペインのカルデナス隊によって発見された。[鶴見英策]

世界遺産の登録

グランド・キャニオン中心部の国立公園は1979年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「グランド・キャニオン国立公園」として世界遺産の自然遺産に登録された(世界自然遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android