グランド・キャニオン(読み)ぐらんどきゃにおん(英語表記)Grand Canyon suite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランド・キャニオン(グローフェの管弦楽組曲)
ぐらんどきゃにおん
Grand Canyon suite

アメリカの作曲家グローフェの管弦楽組曲。「大峡谷」と訳されることもあり、5楽章からなる。1931年シカゴ初演。アリゾナ州グランド・キャニオン峡谷のさまざまな情景を描写した音楽で、各楽章には「日の出」「日没」などの題名がつけられている。親しみやすい旋律と色彩豊かな管弦楽法による明快な表現は、数多い標題音楽のなかでもとくに優れたものであり、そのため教育の場でも、音楽による「連想」を経験するための教材として取り上げられることが多い。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android