コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランド・ティートン国立公園 グランドティートンこくりつこうえんGrand Teton National Park

世界大百科事典 第2版の解説

グランドティートンこくりつこうえん【グランド・ティートン国立公園 Grand Teton National Park】

アメリカ合衆国ワイオミング州北西部の国立公園。1929年制定。ロッキー山脈中,イェローストーン国立公園の南にあり,面積1256km2。3500mをこす高峰の連なるティートン山脈と東側のジャクソン・ホールは,ティートン断層に沿った断層地塊山地形成の典型で,両者の隔りは今日でも2000m余りに及ぶ。氷河地形や氷河もみられ,バッファローアンテロープエルクなどの野生動物も多い。最高峰はグランド・ティートン山(4196m)で,フランス語で〈大きな乳房〉の意。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グランド・ティートン国立公園の関連キーワードグランド・ティートン山ロックスプリングズワイオミング[州]

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android