グリーグ(Nordahl Grieg)(読み)ぐりーぐ(英語表記)Nordahl Grieg

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリーグ(Nordahl Grieg)
ぐりーぐ
Nordahl Grieg
(1902―1943)

ノルウェーの詩人。ベルゲン生まれ。大学時代から冒険を好んで世界を旅して歩き、詩集『喜望峰を回って』(1922)、小説『船はさらに進む』(1924)を発表。のちオックスフォード大学に学び、バイロン、シェリー、キーツらを研究した『夭折(ようせつ)した詩人たち』(1932)などを出す。ジャーナリスト、劇作家、探偵小説家などとしても活躍、1932年から当時のソ連に遊んで共産主義に共鳴、35年に帰国してからは左翼文壇のホープとなる。戯曲『われらの名誉とわれらの力』(1935)、パリ・コミューンを扱った『敗北』(1937)が代表作。第二次世界大戦でドイツ軍が侵入すると徹底的抗戦を唱え、イギリスに逃れてそれを継続、最後は自ら爆撃機に乗ってベルリンを襲い、撃墜されて戦死した。有名な作曲家グリーグの縁者。

[山室 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android