コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーンジョブ(緑の雇用)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グリーンジョブ(緑の雇用)

国連機関の予測によると、世界の自然エネルギー産業で働く人は2006年の233万人から、30年には少なくとも2千万人増える。風力発電風車には約2万点の部品があり、部品メーカーを含めると、かかわる製造業のすそ野は広い。そのうえ風力や太陽光発電は小規模・分散型なので、各地域で工事や保守点検のための雇用が生まれる。バイオマスを活用すれば、農山村でも人手が必要だ。従来の火力原子力発電のような大規模・集中型のエネルギーよりも雇用効果は大きいという指摘もある。日本で自然エネルギーがある程度普及すれば、年2万2千人の雇用が生まれるという試算もある。その半分以上は地域での雇用だ。

(2011-07-02 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

グリーンジョブ(緑の雇用)の関連キーワードグリーンニューディールグリーン経済

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android