コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルジア・ロシア対立

2件 の用語解説(グルジア・ロシア対立の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グルジア・ロシア対立

グルジアは人口約440万の大半がキリスト教徒。19世紀にロシア帝国に併合され、91年にソ連から独立した。90年にロシア編入を主張する南オセチア、92年には主権宣言をしたアブハジアと紛争が起きた。現在はいずれもロシアの平和維持部隊駐留下で事実上の独立状態にある。03年の「バラ革命」で親欧米のサアカシュビリ大統領が就任後、対ロ関係が急速に悪化。06年9月末にロシア軍将校がスパイ容疑で拘束された事件でロシアが制裁に出て、多くのグルジア人不法滞在容疑で強制送還された。

(2007-04-21 朝日新聞 朝刊 2外報)

グルジア・ロシア対立

グルジアは19世紀にロシア帝国に併合され、91年にソ連から独立。90年にロシア編入を主張する南オセチア、92年には主権宣言したアブハジアと紛争に。現在は南オセチア、アブハジアともロシアの平和維持部隊が駐留し、事実上の独立状態にある。

(2008-05-01 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルジア・ロシア対立の関連キーワードグルジアグルジア語トビリシグルジア政変キリスト教会キリスト教徒南オセチアグルジアとロシアの対立グルジア紛争日本のカンボジア支援

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone