グループ・ゼロ(読み)ぐるーぷぜろ(英語表記)Group Zero

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グループ・ゼロ
ぐるーぷぜろ
Group Zero

現代美術のグループ名。1958年ドイツの美術家マックHeinz Mack(1931― )、ピーネOtto Piene(1928― )によってデュッセルドルフで結成された。61年にはユッカーGnther Uecker(1930― )を加え、機関誌『ゼロ』を発行し、66年に解散するまでハプニングやイベントを含む活発な展覧会活動を行った。このグループは、ペブスナーやモホリ・ナギの着目した光と運動による表現の可能性を発展させようとするもので、空間派のフォンタナを精神的な父とし、同時代ではヌーボー・レアリスムのメンバー、とくにイブ・クラインやティンゲリーと交流が深い。白いレリーフ面に多くの釘(くぎ)を打ち込んで光と影を反映させるユッカー、回転するガラスの円盤に光を当てるマック、透明なビニールのチューブで光る風船をつくるピーネといった制作はオプティカル・アート(オプ・アート)やキネティック・アートと軌を一にするが、さらに彼らは現代のテクノロジーを活用して見る者を包み込む環境芸術を志向した。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android