コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレイシー柔術 ぐれいしーじゅうじゅつ Gracie Style of Jiu‐Jitsu

1件 の用語解説(グレイシー柔術の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

グレイシー柔術

講道館柔道の前田光世(1878〜1941)から、ブラジルで指導を受けたカルロス・グレイシーが1925年に創設した武術が発祥といわれる。カルロスの弟エリオが改良を重ね、現在はその息子のヒクソン、ホイスらが受け継いでいる。本来は打撃がないが、バーリ・トゥード(ポルトガル語で「何でもあり」)の他流試合に対応できる柔軟さがあり、UFCなど総合格闘技でのグレイシー一族の活躍を契機に、世界中に発展。「ブラジリアン柔術」の呼称が一般化している。柔道より寝技の比重が大きく、体重、帯、年齢、男女別に階級が細分化。「一本」は絞め技、関節技によるギブアップのみで、投げたり押さえ込んだりしても判定ポイントにしかならない。逆に寝技を切り返したり、相手に馬乗りになったり(マウントポジション)してもポイントになる。

(大野宏 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレイシー柔術の関連キーワード講道館技あり飯塚国三郎磯貝一中野正三南郷次郎前田光世横山作次郎講道館柔道投の形

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレイシー柔術の関連情報