グレコ(読み)ぐれこ(英語表記)El Greco

翻訳|El Greco

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレコ(El Greco)
ぐれこ
El Greco
(1541―1614)

16世紀スペイン最大の宗教画家。本名はドメニコス・テオトコプーロスDomenikos Theotokopoulos。クレタ島のカンディアに生まれたのでエル・グレコ(ギリシア人の意)の通称で知られる。父は、当時のクレタの支配者ベネチア共和国の徴税吏。1566年のカンディアの記録によるとすでに職業画家(マエストロ)となっており、金地の受難図を売った記録やベネチア時代の小品をも考慮に入れると、ポスト・ビザンティン様式のイコンの画家であった可能性がある。1566~67年ころにベネチアに渡り、70年にはローマへ、そして76~77年にはスペインに現れてトレドに定住、ここで生涯を終えた。
 最近の相次ぐ新資料の発見や研究によって、イタリア時代のグレコが、ティツィアーノ、ティントレット、バッサーノ、コレッジョ、ラファエッロ、ミケランジェロなどの作品から多くを学んで西欧画家としての芸術形成を遂げる一方、ローマのファルネーゼ枢機卿(すうききょう)邸で、マニエリスム芸術論と新プラトン主義に通暁したウマニストとして形成されたこと、さらに、スペイン・カトリックの総本山のあるトレドに定住後は、大聖堂の有力者で、当時のヨーロッパでも最高レベルの知識人でもあった人たちをパトロンとして、トリエント公会議(1545~63)後の、カトリック教会による対抗宗教改革運動を代表する宗教画家となったことが明らかになりつつある。
 グレコの色調と技法は、終生ベネチア派とイタリア・マニエリスムにとどまった。しかし、彼の宗教画特有の対抗宗教改革的な主題解釈(無原罪のマリア礼賛や、聖フランチェスコ、聖ペトロ、聖女マグダラのマリアなどの聖人悔悟図)、奥行のない垂直的な画面構成、激しい明暗の対比、炎のようにゆらめく長身化された人物像、不思議な燐光(りんこう)色、それらが混然と織り成す神秘的な擬似空間などが現れるのはトレド定住後のことである。その分岐点は、彼の最高傑作『オルガス伯の埋葬』(1586~88)で、地上の埋葬場面に並ぶリアルな肖像画群に対し、天上界やその住人たちの描き方は、スペイン時代のグレコ宗教画の完成を示している。そこには、ギリシア人グレコが血のなかにもつ東方的神秘主義が、トレドという彼の生地に類似した環境のなかでふたたび頭をもたげたことも考えられる。こうした「スペイン化」の傾向は時とともに強まり、1600年に完成されたマドリードのドーニャ・マリーア・デ・アラゴン学院の祭壇衝立(ついたて)(「受胎告知」中心の6枚のキリスト伝)において、天上的狂乱ともいえる神秘主義の極致に達した。この画風は長い間理解されなかったが、19世紀末から主観主義絵画の先駆者として再評価されている。また『胸に手を置く騎士』(1577~79)、『修道士パラビシーノ』(1609ころ)などの肖像画群によってスペイン肖像画の先駆をなし、彫刻も手がけ、祭壇衝立という範囲での建築家でもあり、未発表ながら建築論や絵画論を著したと伝えられる偉大な「哲学者」(パチェーコ)でもあった。[神吉敬三]
『レオ・ブロンスタイン著、瀬戸慶久訳『エル・グレコ』(1969・美術出版社) ▽吉川逸治解説『世界美術全集14 エル・グレコ』(1976・集英社) ▽藤田慎一郎・神吉敬三執筆『カンヴァス世界の大画家12 エル・グレコ』(1984・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレコの関連情報