グレゴリウス[13世](英語表記)Gregorius XIII

世界大百科事典 第2版の解説

グレゴリウス[13世]【Gregorius XIII】

1502‐85
ローマ教皇。在位1572‐85年。ボローニャに生まれる。法律を学び,ボローニャ大学の教授となる。その学識は著名。65年枢機卿となり,ピウス5世の後を受けて72年教皇となる。先任諸教皇の反宗教改革的路線を継いで,教会の諸制度の改革を学問的に裏づけるため,諸学を奨励した。ローマのグレゴリアーナ大学を初め,いくつもの神学院を創設し,多くの宣教師を養成し派遣した。すでに着手されていた教会法典の改訂も完成させ,《コルプス・ユリス・カノニキ》という表題を初めて用いて発布した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android