コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス[13世] Gregorius XIII

世界大百科事典 第2版の解説

グレゴリウス[13世]【Gregorius XIII】

1502‐85
ローマ教皇。在位1572‐85年。ボローニャ生まれる。法律を学び,ボローニャ大学の教授となる。その学識は著名。65年枢機卿となり,ピウス5世の後を受けて72年教皇となる。先任諸教皇の反宗教改革的路線を継いで,教会の諸制度の改革を学問的に裏づけるため,諸学を奨励した。ローマのグレゴリアーナ大学を初め,いくつもの神学院を創設し,多くの宣教師を養成し派遣した。すでに着手されていた教会法典の改訂も完成させ,《コルプス・ユリス・カノニキ》という表題を初めて用いて発布した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グレゴリウス[13世]の関連キーワード赤松政秀茶室コロンブスの航海キプチャクハン国金魚宗祇セレスティーナセント・ヘレナ[島]ピサロビヒザード

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone