グレゴリウス11世(読み)グレゴリウスじゅういっせい(英語表記)Gregorius XI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス11世
グレゴリウスじゅういっせい
Gregorius XI

[生]1329. フランス,リモージュ
[没]1378.3.26./1378.3.27. ローマ
リモージュ出身の第201代教皇(在位 1370~78)。本名 Pierre-roger De Beaufort。最後のフランス人教皇であり,最後のアビニョン教皇(→教皇のバビロン捕囚)。おじである教皇クレメンス6世により 1348年に枢機卿(→カーディナル)に叙任され,1370年12月に教皇に選出された。フィレンツェビスコンチ家による反乱を鎮圧し,東西教会の統合を実現するため,教皇座のローマ帰還を企図した(→東西両教会の分裂)。登位後は 1369年にイングランドとフランスの間で始まった百年戦争(第2期)の和平に尽力。そののち 1375年に教皇領に迫ったフィレンツェ軍を破った。シエナのカタリナに促され,フランスの反対を押し切って,1377年1月教皇座のローマ帰還を達成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android