コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス11世 グレゴリウスじゅういっせいGregorius XI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス11世
グレゴリウスじゅういっせい
Gregorius XI

[生]1329. フランス,リモージュ
[没]1378.3.26./1378.3.27. ローマ
リモージュ出身の第201代教皇(在位 1370~78)。本名 Pierre-roger De Beaufort。最後のフランス人教皇であり,最後のアビニョン教皇(→教皇のバビロン捕囚)。おじである教皇クレメンス6世により 1348年に枢機卿(→カーディナル)に叙任され,1370年12月に教皇に選出された。フィレンツェビスコンチ家による反乱を鎮圧し,東西教会の統合を実現するため,教皇座のローマ帰還を企図した(→東西両教会の分裂)。登位後は 1369年にイングランドとフランスの間で始まった百年戦争(第2期)の和平に尽力。そののち 1375年に教皇領に迫ったフィレンツェ軍を破った。シエナのカタリナに促され,フランスの反対を押し切って,1377年1月教皇座のローマ帰還を達成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グレゴリウス11世の関連キーワードクレメンス(7世)(アビニョン教皇)カタリナ[シエナ]エンリケ(2世)アビニョン教皇庁ウルバヌス6世アビニョン捕囚バチカン市国バチカン宮殿ウィクリフ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android