グレゴーリオ マラニョン(英語表記)Gregorio Marañón

20世紀西洋人名事典の解説

グレゴーリオ マラニョン
Gregorio Marañón


1887 - 1960
スペインの医学者,著述家
元・教授。
マドリード大学卒業後、ドイツに留学。内分泌学を専門とする。教授職のかたわら科学的、医学的、文学的著書を発表。特に臨床医学的な観点を生かした伝記物で斬新な解釈を打ち出した。又1930年には反王政署名に名を連ね、共和政樹立の討議を重ねた。内戦勃発後フランスに亡命し、’43年帰国。著書「カスティーリャエンリケ四世」(’34年)、「ドン・ファン」(’40年)、「ルイス・ビーベス」(’42年)、「アントニオ・ペレス」(’47年)、「エル・グレコとトレド」(’57年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android