コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロスミュンスター Grossmünster

デジタル大辞泉の解説

グロスミュンスター(Grossmünster)

スイス北部、チューリヒ州の州都、チューリヒの旧市街にある、同国最大のロマネスク様式の大聖堂。カール大帝ゆかりの教会跡に11世紀から12世紀初頭にかけて建造された。1519年、スイスの宗教改革者、ウルリッヒ=ツウィングリが赴任し、スイス改革派教会の基礎を築いたことで知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

グロスミュンスターの関連キーワードロマネスク様式ツウィングリ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android