コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロッセ グロッセGrosse, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロッセ
Grosse, Ernst

[生]1862.7.29. シュテルダル
[没]1927.1.26. フライブルク
ドイツの民族学者,芸術学者。 1908~13年東京のドイツ公使館付き,26年フライブルク大学助教授,のち同大学教授。芸術学および芸術史に民族学的,社会学的方法を導入し,科学的芸術学の確立に努めた。特に原始美術に関する研究で知られる。主著"Spencers Lehre vom Unerkennbaren" (1890) ,『芸術の始源』 Die Anfänge der Kunst (94) ,"Die Formen der Familie und der Wirtschaft" (96) ,"Kunstwissenschaftliche Studien" (1900) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グロッセの関連キーワードサイゴン条約黒住教有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中柴山愛次郎シーボルト

グロッセの関連情報