コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーティエール Gouthière, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グーティエール
Gouthière, Pierre

[生]1732.1.19. バルシュローブ
[没]1813/1814. パリ
フランスの装飾美術家,彫刻家。 1758年よりパリで制作に従事,ルイ 16世時代の最もすぐれた装飾美術家とされている。代表作はベルサイユ,小トリアノン宮の装飾。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グーティエール【Pierre Gouthière】

1732‐1813
フランス18世紀の金工家。精巧な打出し金めっきを施したブロンズ金具や家具の精緻な装飾意匠のブロンズ表装などを専門とした。彼はまた各種の水銀めっき法を開発し,ブロンズにつや消しの部分と磨いた部分の対比による効果を出すなど,フランスの金工技法の発展に大きな功績を残した。1758年〈金めっきのメートル(親方)〉の資格を取得,70年代以降バリー夫人やマリー・アントアネットのために燭台や時計,香炉などの名品を残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グーティエールの関連キーワードマリー・アントアネット

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android