コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グードルーン Gudrun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グードルーン
Gudrun

中高ドイツ語で書かれた英雄叙事詩。作者未詳。 1230~40年頃の作と推定される。グードルーンの祖父ハーゲンの生涯,彼女の両親ヘッテルとヒルデの物語,そしてグードルーン自身の運命の3つの部分から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android