ケイ(桂)皮酸(読み)けいひさん

百科事典マイペディアの解説

ケイ(桂)皮酸【けいひさん】

肉桂酸とも。カシア油肉桂油),ペルーバルサムなどにエステルとして含まれる芳香族カルボン酸の一種。シス型とトランス型があり天然のものはトランス型。無色の結晶。融点135〜136℃,沸点300℃。水に微溶,エチルアルコール可溶ベンズアルデヒド無水酢酸との縮合により合成される。エステルとして香料,化粧品,医薬品に使用される。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる