コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイタ けいたSalif Keita

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケイタ(Salif Keita)
けいた
Salif Keita
(1949― )

マリのミュージシャン。バマコ西方の村ジョリバに生まれる。スピリチュアルな歌唱、マンディンゴ(マリンケに属す集団)の音楽と世界中のさまざまな音楽を混交させた音楽で知られる。アフリカでは強く聖痕を帯びた存在として考えられるアルビノ(白皮症)として生まれたこともあり、グリオ系の音楽文化に身を投じることになったという。グリオとは、アフリカの伝統社会における吟遊詩人で、代々宮廷に仕える芸能集団に属する技能者であり、歴史の語り部的な役割を果たす。マリ、ギニア、セネガル、ガンビアは歴史的にマリ帝国の影響力の強かった地域であり、マンディンゴ系のグリオ文化が色濃く残っている。ケイタもそうした伝統のなかにいたが、一方で1970~80年代マリ・マンディンゴ系音楽の革新者でもある。
 70年代のバマコではレール・バンドと、71年に結成されたル・アンバサドゥール・ドゥ・モテルという二つのバンドがしのぎを削っており、ケイタはレール・バンドに参加する。このころのマリは、キューバ音楽の影響も強く受けており、後のケイタの音楽にもキューバ音楽の要素が流れ込んでいた。同じころ、モリ・カンテMory Kante(1950― )とカンテ・マンフィーラKante Manfila(1947― )という2人のギニア人ミュージシャンがバマコの音楽シーンに登場する。2人は従兄弟で、カンテは歌手、マンフィーラはギタリストであった。カンテはレール・バンドに、マンフィーラはアンバサドゥールに参加、彼らはケイタとともにバマコの音楽シーンを牽引していった。
 80年、ケイタはマンフィーラらアンバサドゥールのミュージシャンたちとアメリカ合衆国に4か月間滞在し、『プリンプリン』を録音する。しかし82年には、ケイタとマンフィーラのあいだで摩擦が起き、ケイタはパリに向かい、そこで名作『ソロ』(1987)を録音。この録音に参加したのが後にユッスー・ンドゥールのキーボード奏者を務めるジャン・フィリップ・リキエルJean Philippe Rykiel(1961― )だった。その後、ケイタはブラジルのミュージシャンと共演するなど、グローバルな活動を続けていく。一方で、彼のグループにいたミュージシャンを中心に、ケイタの影響を受けた多くのミュージシャンが独自の活動を展開していく。
 ケイタはセネガルのンドゥールらとともにアフリカの音楽文化を世界に紹介すると同時に、他の国・地域のミュージシャンたちとのネットワークをつくり上げたという点において希有な存在である。[東 琢磨]
『Simon Broughton, Mark Ellington, Richard Trillo World Music Vol.1; Africa, Europe and the Middle East(1999, The Rough Guides, London)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケイタの関連情報