コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイロ けいろ

世界大百科事典内のケイロの言及

【手相学】より

…前3000年ころにインダス川の上流から中流にかけて移住し,モヘンジョ・ダロやハラッパーの古代都市文化を築いた民族が手相術を創始したとされる。イギリス貴族出身の手相家ケイロCheiro(本名Louis Hamon,1866‐1936。日本ではもっぱらキロの名で紹介されている)によれば,この地方に太古から住むジョーシと呼ばれる階級の人々が手相術を継承してきたという(《手相の言葉》)。…

※「ケイロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケイロの関連キーワードリベラ(Diego Rivera)ケイライン ロジスティックスホセ・クレメンテ オロスコポルフィリオ時代から革命へエドワード ウェストンカイロン(キローン)バシレイオス[1世]ディエゴ リベラいて座(射手座)アスクレピオス名古屋市美術館バスコンセロスいて(射手)座ケンタウルス座アリスタイオスフォイニクスメキシコ革命オンシジウムアクタイオンオータコイド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android