コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ皮酸(桂皮酸) けいひさんcinnamic acid

世界大百科事典 第2版の解説

けいひさん【ケイ皮酸(桂皮酸) cinnamic acid】

芳香族不飽和カルボン酸の代表で,最初ニッケイの樹皮よりとれるケイ皮油から見いだされたためにこの名がある(ラテン語cinnamonはニッケイの意)。β‐フェニルアクリル酸ともいう。分子内に二重結合を含むため,シス,トランスの異性体が存在するが,天然には安定なトランス型で存在し,単にケイ皮酸といえばふつうトランス型をさす。シス型はアロケイ皮酸と呼ばれるが,不安定でトランス型に変わりやすい。(化学式)ケイ皮油以外にもトルーバルサム,ペルーバルサム,安息香,蘇合香油やタイワンカエデの樹脂中に遊離またはエステルとして存在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ケイ皮酸(桂皮酸)の関連キーワード感光性樹脂

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android