コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ素鉄 ケイそてつferrosilicon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ素鉄
ケイそてつ
ferrosilicon

フェロシリコンともいう。鉄とケイ素の合金。ケイ素含有量 14~90%。一般にケイ素の多いものほど低炭素で,40~50%前後のものが多く利用される。鋼,銅,青銅の鋳造品をつくるときの脱酸素剤として用いられるほか,鉄鋼製造の還元剤や合金成分添加剤としても利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケイ素鉄の関連キーワード過塩素酸アンモニウムフェロシリコンマグネシウムアイスランドカーリット導電材料ブータンキルド鋼咸鏡北道磁力選別彗星

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android