コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ素鉄 ケイそてつferrosilicon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ素鉄
ケイそてつ
ferrosilicon

フェロシリコンともいう。鉄とケイ素の合金。ケイ素含有量 14~90%。一般にケイ素の多いものほど低炭素で,40~50%前後のものが多く利用される。鋼,銅,青銅の鋳造品をつくるときの脱酸素剤として用いられるほか,鉄鋼製造の還元剤や合金成分添加剤としても利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケイ素鉄の関連キーワード過塩素酸アンモニウムフェロシリコンマグネシウムアイスランドカーリットブータン導電材料キルド鋼咸鏡北道磁力選別彗星

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android