ケイ線石(珪線石)(読み)けいせんせき(英語表記)sillimanite

世界大百科事典 第2版の解説

けいせんせき【ケイ線石(珪線石) sillimanite】

化学組成はAl2SiO5。斜方晶系に属し,c軸に伸長した繊維状あるいは柱状結晶をなす鉱物。白色~帯黄ないし帯緑白色を呈し,ガラス光沢,絹糸光沢をもつ。比重3.25,モース硬度7.5。{010}にへき開が完全。紅柱石ラン晶石と多形の関係にある。紅柱石よりも高温高圧側に,ラン晶石よりも高圧側に安定領域をもち,泥質岩起源の高度変成岩の造岩鉱物として普通に産出する。日本では領家変成帯の片麻岩によく見いだされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android