コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ線石(珪線石) けいせんせきsillimanite

世界大百科事典 第2版の解説

けいせんせき【ケイ線石(珪線石) sillimanite】

化学組成はAl2SiO5。斜方晶系に属し,c軸に伸長した繊維状あるいは柱状結晶をなす鉱物。白色~帯黄ないし帯緑白色を呈し,ガラス光沢,絹糸光沢をもつ。比重3.25,モース硬度7.5。{010}にへき開が完全。紅柱石ラン晶石と多形の関係にある。紅柱石よりも高温高圧側に,ラン晶石よりも高圧側に安定領域をもち,泥質岩起源の高度変成岩の造岩鉱物として普通に産出する。日本では領家変成帯の片麻岩によく見いだされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ケイ線石(珪線石)の関連キーワード紅柱石ケイ(珪)線石紅柱石地質温度計ラン(藍)晶石パッキング指数ケイ酸アルミニウム紅柱石ラン晶石(藍晶石)オットレ石

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android