コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ線石(珪線石) けいせんせき sillimanite

1件 の用語解説(ケイ線石(珪線石)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいせんせき【ケイ線石(珪線石) sillimanite】

化学組成はAl2SiO5。斜方晶系に属し,c軸に伸長した繊維状あるいは柱状結晶をなす鉱物。白色~帯黄ないし帯緑白色を呈し,ガラス光沢,絹糸光沢をもつ。比重3.25,モース硬度7.5。{010}にへき開が完全。紅柱石ラン晶石と多形の関係にある。紅柱石よりも高温高圧側に,ラン晶石よりも高圧側に安定領域をもち,泥質岩起源の高度変成岩造岩鉱物として普通に産出する。日本では領家変成帯の片麻岩によく見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ線石(珪線石)の関連キーワード輝安鉱金緑石クラン硬石膏斜方輝石斜方晶系単軸結晶ドロマイト葡萄石ラヴェス相

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone