ケイ藻類(珪藻類)(読み)けいそうるい(英語表記)diatom

翻訳|diatom

世界大百科事典 第2版の解説

けいそうるい【ケイ藻類(珪藻類) diatom】

ケイ藻綱Bacillariophyceaeに属する藻類の総称で,現存する種類数は6000~1万といわれる。海水にも淡水にも生育し,浮遊性(プランクトン性)のものが多いが,また底生,付着性のものもある。体は単細胞性で,ケイ酸質を含む2枚の殻が上下に弁当箱のように入れ子になっている。しかし,二分裂による無性生殖をするため,個体が鎖状に連なったり,粘液質中に多数埋まったりして群体をつくるものもある。いずれも色素体内にクロロフィルacのほかにフコキサンチンなどの色素を含み,光合成によりβ‐1,3結合を主としたグルカンであるクリソラミナランchrysolaminaranや油を生産して貯蔵する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android