ケイ藻類(珪藻類)(読み)けいそうるい(英語表記)diatom

翻訳|diatom

世界大百科事典 第2版「ケイ藻類(珪藻類)」の解説

けいそうるい【ケイ藻類(珪藻類) diatom】

ケイ藻綱Bacillariophyceaeに属する藻類総称で,現存する種類数は6000~1万といわれる。海水にも淡水にも生育し,浮遊性(プランクトン性)のものが多いが,また底生,付着性のものもある。体は単細胞性で,ケイ酸質を含む2枚のが上下に弁当箱のように入れ子になっている。しかし,二分裂による無性生殖をするため,個体鎖状に連なったり,粘液質中に多数埋まったりして群体をつくるものもある。いずれも色素体内にクロロフィルacのほかにフコキサンチンなどの色素を含み,光合成によりβ‐1,3結合を主としたグルカンであるクリソラミナランchrysolaminaranや油を生産して貯蔵する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android