コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ藻類(珪藻類) けいそうるいdiatom

翻訳|diatom

世界大百科事典 第2版の解説

けいそうるい【ケイ藻類(珪藻類) diatom】

ケイ藻綱Bacillariophyceaeに属する藻類の総称で,現存する種類数は6000~1万といわれる。海水にも淡水にも生育し,浮遊性(プランクトン性)のものが多いが,また底生,付着性のものもある。体は単細胞性で,ケイ酸質を含む2枚の殻が上下に弁当箱のように入れ子になっている。しかし,二分裂による無性生殖をするため,個体が鎖状に連なったり,粘液質中に多数埋まったりして群体をつくるものもある。いずれも色素体内にクロロフィルacのほかにフコキサンチンなどの色素を含み,光合成によりβ‐1,3結合を主としたグルカンであるクリソラミナランchrysolaminaranや油を生産して貯蔵する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android