コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ藻類(珪藻類) けいそうるい diatom

翻訳|diatom

1件 の用語解説(ケイ藻類(珪藻類)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいそうるい【ケイ藻類(珪藻類) diatom】

ケイ藻綱Bacillariophyceaeに属する藻類の総称で,現存する種類数は6000~1万といわれる。海水にも淡水にも生育し,浮遊性(プランクトン性)のものが多いが,また底生,付着性のものもある。体は単細胞性で,ケイ酸質を含む2枚の殻が上下に弁当箱のように入れ子になっている。しかし,二分裂による無性生殖をするため,個体が鎖状に連なったり,粘液質中に多数埋まったりして群体をつくるものもある。いずれも色素体内にクロロフィルacのほかにフコキサンチンなどの色素を含み,光合成によりβ‐1,3結合を主としたグルカンであるクリソラミナランchrysolaminaranや油を生産して貯蔵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ藻類(珪藻類)の関連キーワード水ガラスけいけい荊卿珪藻珪藻軟泥珪藻類オオオゴノリヒトエグサミツイシコンブリシリコンブ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone