コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ酸ナトリウム(珪酸ナトリウム) けいさんナトリウムsodium silicate

1件 の用語解説(ケイ酸ナトリウム(珪酸ナトリウム)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいさんナトリウム【ケイ酸ナトリウム(珪酸ナトリウム) sodium silicate】

ケイ酸のナトリウム塩。種々の組成のものが知られている。最もふつうにはメタケイ酸ナトリウムNa2SiO3をさす。石英粉末を炭酸ナトリウムと1000℃で共融すると無水和物が得られ,新しく沈殿させた二酸化ケイ素を計算量の水酸化ナトリウムと反応させると水和物が得られる。無水和物は無色斜方晶系の結晶。融点1088℃。水に容易に溶け,水溶液は加水分解して強いアルカリ性を示す。水溶液からはNa2SiO3の各種の水和物が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone