コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物) けいさんえんこうぶつ silicate mineral

1件 の用語解説(ケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいさんえんこうぶつ【ケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物) silicate mineral】

ケイ素Siと酸素Oを主成分とする鉱物で,岩石の主要構成鉱物である。各種のケイ酸の水素原子を種々の金属原子で置き換えた化学組成を有する。ケイ酸塩鉱物は,ケイ素原子1個とそれを取り囲む酸素原子4個からなるSiO4正四面体がその構造の基本になっている。このSiO4四面体の結合の仕方によってケイ酸塩鉱物は6種類に分類される。図にこれら6種類のケイ酸塩鉱物の名称,SiO4四面体の結合様式および代表的な例を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)の関連キーワードクリストバル石藍銅鉱菱鉄鉱金属鉱物鉱物質肥料造岩鉱物珪素緑鉛鉱蝋石筋フィラメント

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone