コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ酸肥料(珪酸肥料) けいさんひりょう silicate fertilizer

1件 の用語解説(ケイ酸肥料(珪酸肥料)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいさんひりょう【ケイ酸肥料(珪酸肥料) silicate fertilizer】

ケイ酸を有効成分とする肥料で,可溶性ケイ酸を20%以上,アルカリ分25~30%以上を含んでいる。ケイ酸肥料は鉄をはじめ各種の金属を製錬するときにできるスラグ(鉱滓(こうさい))を粉砕してつくられる。混入する重金属の最大含有限度としてニッケル0.4%,クロム4.0%,チタン1.5%が規定されている。現在ケイ酸肥料の原料となっているのは,製銑鉱滓,普通鋼鉱滓,ステンレス鉱滓,フェロマンガン鉱滓,シリコマンガン鉱滓,フェロニッケル鉱滓,ニッケル鉱滓,フェロクロム鉱滓,マグネシウム鉱滓,ケイ化石灰鉱滓,製リン残滓,ケイ灰石軽量気泡コンクリートの各粉末である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ酸肥料(珪酸肥料)の関連キーワード可溶性デンプンカリ肥料ケイ酸窒素肥料可溶性鉱物質肥料動物性肥料有効成分ノルレボ可溶性型マグマ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone