ケイ酸肥料(珪酸肥料)(読み)けいさんひりょう(英語表記)silicate fertilizer

世界大百科事典 第2版の解説

けいさんひりょう【ケイ酸肥料(珪酸肥料) silicate fertilizer】

ケイ酸を有効成分とする肥料で,可溶性ケイ酸を20%以上,アルカリ分25~30%以上を含んでいる。ケイ酸肥料は鉄をはじめ各種の金属を製錬するときにできるスラグ(鉱滓(こうさい))を粉砕してつくられる。混入する重金属の最大含有限度としてニッケル0.4%,クロム4.0%,チタン1.5%が規定されている。現在ケイ酸肥料の原料となっているのは,製銑鉱,普通鋼鉱滓,ステンレス鉱滓,フェロマンガン鉱滓,シリコマンガン鉱滓,フェロニッケル鉱滓,ニッケル鉱滓,フェロクロム鉱滓,マグネシウム鉱滓,ケイ化石灰鉱滓,製リン残滓,ケイ灰石,軽量気泡コンクリートの各粉末である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android