コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケェルネ岩 ケェルネがんkärnäite

1件 の用語解説(ケェルネ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ケェルネ岩

石英安山岩の組成をもつ非顕晶質の岩石である.石基はガラス質で長石の斑晶と多量の凝灰岩に類似した物質を包有しており,衝撃岩(impactite)とされている[Svensson : 1968].フィンランド,ラッパジェルヴィ(Lappajaervi)湖のケェルネ(Kärnä)島に産する.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone