コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケクロプス ケクロプスKekrops

2件 の用語解説(ケクロプスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケクロプス
ケクロプス
Kekrops

ギリシア神話中のアテネの初代の王。大地から生れ,上半身は人間,下半身はへびの形をしていた。アグラウロスと結婚して1人の息子と3人の娘をもうけたが,すべて若死にしたため,彼と同様大地から生れたエリクトニオスに譲位した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケクロプス
けくろぷす
Kekrops

(1)アテナイ(アテネ)の伝説上初代の王。アッティカの大地から生まれ、下半身は蛇の姿をしていたとされる。アクタイオスの娘アグラウロスと結婚し、3人の娘パンドロソス、ヘルセ、アグラウロスと、息子エリシクトンをもうける。彼はアクタイオスの死後その後を継ぎ、そのためアッティカの地はケクロペイアとよばれるようになったが、息子が若死にしたため、王位はやがて市民のなかの有力者クラナオスに引き継がれた。在位中はアテナイ市をめぐるアテネとポセイドンの争いの審判役を務め、アテネの勝利と判定した。また一夫一婦制や葬礼の創始、文字の発明などの功績によって人類の恩恵者と目され、人身御供(ひとみごくう)の習慣を廃止した最初の人ともされる。
(2)アテナイ王。エレクテウスとプラクシテアの子。父の死後、その後継指名を任されたクストスにより、兄弟パンドロス、メティオンを差し置いて後継者に指名された。このため、クストスはパンドロスらにアテナイから追放されたという。そして彼はエウパラモスの娘メティアドゥサをめとって、一子パンディオンをもうけるが、父の後を継いだパンディオンは、のちに従兄弟(いとこ)たちの起こした内乱のためメガラへ逃れ、そこで王となった。
 以上の2人のケクロプスはよく混同されるが、その明確な区別は不明である。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone